ちんこかゆいなぁ・・・クラミジア?

クラミジア

自宅で簡単性病検査出来ます


クラミジア、感染者多いです

クラミジアは性病の代表格と言えるでしょう。

 

近年では性行為への垣根が下がっているような風潮ですが、
それにしたがいクラミジア等も蔓延しております。

 

女性の若い世代に感染者がとても多く、自覚症状があまり無い場合も多いので、
感染者自身がクラミジアに感染している事を自覚していない場合は、
どんどん感染が広がってしまうという、社会的にもやっかいな病気と言えます。

 

クラミジアの症状としては、
ちんこがかゆい(尿道がかゆい)、排尿時にちんこに微妙な痛みや不快感などがあったり、
睾丸の上部の痛み、圧痛を感じたりします。
淋病などに比べると、比較的症状が穏やかですし、
自覚症状も無い場合もあるので、そのまま放置しておくと、
精巣上体炎などにより男性不妊になってしまう恐れもあります。
将来子供をお望みの方なら注意をされたほうが良いですね。

 

クラミジアの原因ですが、クラミジアトラコマティスという病原菌が、
ちんこの尿道や、女性器の性器粘膜に付着してしまうと、
感染してしまいます。

 

感染経路は性行為になるのですが、
クラミジア感染者とコンドームを使わない性行為をすると感染するということです。
やはりちんこにコンドームをつけて性行為(セックス)に望むのが、
クラミジア等の性病を予防する一番の手立てとなりますので、
かならずコンドームを使用するようにしましょう。

 

その他、口や肛門にも感染しますのでご注意ください。
口内にクラミジア菌がいれば、慢性の扁桃腺炎になったりしますが、
風邪の症状とあまりかわらないので、これもまた感染に気が付かなかったりします。

 

したがって、ファッションヘルスなどの風俗店で、フェラチオなどの口による、
行為を受けたときに、口からちんこの尿道にクラミジアが
感染するという危険性もあります。
口だから平気、安全という意識は捨てて下さい。
もしヘルス等の風俗店に行った後に、ちんこがかゆい、尿道に違和感がある等の
異変を感じた時は、念のため性病検査を受けた方が良いでしょう。

 

クラミジアの感染がわかった場合、
パートナーがいるならば、検査をすすめて、相手も感染していた場合は、
同時に治療をすることが必要です。

 

一方が治療して、クラミジアが治っても、
パートナーが感染者なら、またクラミジアになってしまいます。

 

クラミジアのまとめ

感染経路はコンドームなしの性行為

男性の半数は無症状に近い

症状は、ちんこ(尿道)のかゆみ、排尿時の違和感やかるい痛み

潜伏期間は1〜3週間

ホーム RSS購読 サイトマップ